スマホでの書類スキャンはAdobe Scanがおすすめ

IT

契約書や領収書などの紙の書類を、データで見れるように保存しておきたいときはないですか?

今回はプリンターや複合機のスキャナ機能を使わず、スマホでスキャンする方法を紹介します。

標準のカメラアプリではダメ?

今回は書類をスキャンするという目的ですので、スマホの標準のカメラは使いません。

なぜなら、普通のカメラは、あくまで写真を撮ることを前提の仕様になっていますので、

書類をスキャンすることには向いていないからです。

普通のカメラで撮影したものがこちら。

Adobe Scanで撮影(スキャン)すると、書類部分だけを認識してPDF化してくれるのです。

Adobe Scanのおすすめ理由

Adobe Scanをおすすめする理由を書いていきます。

起動が早い

アプリをタップすると、瞬時に立ち上がり、すぐに文書(書類)を読み取るモードになります。

書類スキャンのためのアプリなので、写真を撮るのか、書類をスキャンするのか選ばせるのではなく、

書類をスキャンする前提で起動します。その中で、書籍なのか、名刺なのかみたいなモードはあります。

精度が高い

他のスキャンアプリと徹底比較!みたいなことはしていませんが、四隅を自動で認識してくれ、その精度は充分使えるレベルです。標準のカメラで撮影した後、自分で範囲切り取りみたいなことをすればそれっぽくなりますが、めんどくさいです。

iPhoneとAndroidの両方で使える

iPhoneとAndroidの片方しか使っていない方はメリットではないですが、両方で使えるのはありがたいです。

iPhoneとAndroidでスキャンアプリを使い分けるのはめんどうですから。

ちなみに、データはクラウドに保存されるので違うスマホでアプリを起動しても同じデータを見ることができます。

Adobe Scanの使い方

アプリを起動させると、まず、アカウント作成の画面になりますが、今回は割愛します。

アドレスとパスワードを設定すると使えるようになります。無料です。

すでにAcrobatのアカウントを持っている方は、それを入れていただければ使えます。

今回は、A3サイズの書類をスキャンしてみます。

アカウント作成後、アプリを起動させると、こんな感じで、さっそくスキャンしようとします。

横に長いA3サイズですので、スマホを横向けにして、全体が収めるようにすると、

アプリが四隅を自動で認識して勝手にシャッターを切ります。(手動に切替もできます。)

ずれていたりしてやり直したいときや、画質を調整することもできます。

続けてスキャンしたい場合は、スキャン続行をタップ。このままでOKだったら、PDFで保存をタップ。

スキャンしてPDF化したものを他の人に送りたい場合は共有を選んで、PDFのリンクを送る、またはPDFそのものを送ることもできます。PDFそのものを送ると、多少メールの容量が大きくなりますので、リンクを送るのがおすすめです。PDF数枚程度だったら、気にしないでも大丈夫です。

GoogleドライブやDropboxなどの他のアプリに保存したい場合は、その他→コピー先、でコピーする(保存する)アプリを選んでいただければそのアプリに保存されます。

まとめ

2023年7月現在、自分が使っているおすすめのスキャンアプリを紹介しました。

まだ使っていない方はぜひ使ってみていただければと思います。

ではまた。

Adobe Scan: OCR 付 スキャナーアプリ

Adobe Scan: OCR 付 スキャナーアプリ

Adobe Inc.無料posted withアプリーチ

タイトルとURLをコピーしました