【freee】請求書作成から会計ソフトへの仕訳反映までを解説

会計

クラウド会計ソフトのfreeeを使って、請求書作成から会計への仕訳反映の流れを紹介します。

請求書作成はfreee会計の標準機能

freee会計を契約すると、請求書を作成する機能が標準でついてきます。

会計といいながら、請求書、見積書、納品書、領収書、発注書の作成が追加料金なしでできます。
(その他にもいろいろあります。)

請求書作成から取引登録

freee会計で請求書を作成します。

一番上のメニューで「受発注」→「請求書」をクリックします。

請求書の画面に切り替わりますので、「新規作成」をクリックします。

請求書に必要な項目を入力した後の画面です。

この画面からメールで送信したり、PDF保存することができます。

会計にこの請求書から仕訳を登録するためには、「取引登録」をクリックします。

freeeの場合は、この画面からメール送信しても自動的に会計に反映されることはなく、会計に反映させるためには「取引登録」が必要です。

「取引登録」をクリックすると、どのような内容で仕訳を登録するかの画面に切り替わります。

勘定科目や課税区分、備考、品目、部門などをここ設定したものが、会計に仕訳として反映(登録)されます。

必要な項目を設定し、一番下の「取引登録」をクリックします。

会計から請求書の確認ができる

仕訳帳で仕訳を確認すると、設定した通りの仕訳が登録されています。

左の売掛金は特に設定していませんが、売上高の未回収ということで、自動的に売掛金という科目を使うようになっています。

さきほどの仕訳をクリックすると、上のような画面に切り替わり、右上の「請求書」のリンクをクリックすると、この仕訳の元となる請求書を確認することができます。

freee会計は単なる会計ソフトではなく、会計以外のバックオフィス業務に関することも含めて一つのパッケージとして利用でき、それらがすべて繋がっているので、一度入力した情報を別の場所で入力するといった転記が不要なのですごく便利です。

タイトルとURLをコピーしました