【ジョブカン】請求書作成から会計ソフトへの仕訳反映までを解説

会計

クラウド会計ソフトは、同じ種類のクラウドサービスで作成したデータの連携がスムーズにできるのがメリットです。

給与→会計、経費精算→給与→会計、請求書→会計、といったことが可能です。

今回は、クラウドサービスのジョブカンで請求書を作成し、その売上データを会計データに反映させる方法を紹介します。

ジョブカン見積/請求書で請求書を作成

ジョブカンで請求書を作成するためには、ジョブカン見積/請求書の契約が必要です。

ジョブカン会計を契約していてもジョブカン見積/請求書は別で契約が必要です。

請求書を作成するためには、請求書の左の「+」をクリックします。

(自社情報の初期設定は済んでいるものとします。)

下のような画面が表示されますので、得意先、請求日、支払期限、単価、数量などを入力します。

得意先、商品は事前に登録していると、プルダウンで選択することができます。

入力ができたら、右下の保存するをクリックします。

請求書のプレビュー画面が表示されますので、内容を確認します。

請求書の共有リンクをこのままメールで送ることや、この共有リンクをコピーして、チャットなどの他のツールで送ることが可能です。

請求書をPDF化してメールに添付ということではなく、請求書の共有リンクを送るということですので、受け取った側は、ダウンロードする必要があります。

PDF化してメール添付して送りたいという場合は、送付・共有ではなく、一番右の印刷でPDF化しましょう。

請求書の売上データをcsvエクスポート

請求書の売上データを会計の仕訳に反映させるためには、ジョブカン見積/請求書でその情報をエクスポートする必要があります。

下のほうで「データ連携」→「取引明細の書出」をクリックします。

取引明細書出といった画面に切り替わりますので、該当する月を選び、今回は売上データをエクスポートしますので、出力取引で売上を選びます。

右下の「書出を実行」をクリックします。

書出一覧で売上データをダウンロードするのですが、書き出しが完了するまで少し待つ必要があります。

ステータスのところが最初は「書き出し待機中」になっています。

書き出しが完了すると、メールが届くとともにステータスが「書き出し完了」になりますので、そうなると、売上データのダウンロードが可能ですので、ダウンロードをクリックします。

ジョブカン会計で売上csvデータのインポート

ジョブカン見積/請求書からダウンロードした売上のcsvデータをインポートします。

「データ連携」→「ジョブカン見積/請求書仕訳取込」をクリックします。

ファイルをインポートする画面になりますので、ファイルを選択するかドロップします。

右下のインポートをクリックします。

ジョブカン会計で事前に補助科目を設定している場合は、取り込んだデータに合わせて補助科目を選択し、次へをクリックします。

補助科目と同様にジョブカン会計で得意先を設定している場合は、得意先を選択し、次へをクリックします。

すると、「取り込み処理を受け付けました」というメッセージが出ますので、少し待ちましょう。

クラウドで動いているので、多少のタイムラグは仕方ないのでしょう。

取り込みが完了したら、ステータスが「取り込み完了」に切り替わり、その右に「仕訳取引履歴へ」というリンクが出現します。

仕訳取引履歴でも確認できますが、今回は仕訳日記帳で仕訳を見てみます。

日付の右に「見積」というリンクがあるのでクリックすると、新たなページでジョブカン見積/請求書の画面が開き、この仕訳のもとになる請求書を確認することができます。

csvファイルで仕訳をインポートしたのにもかかわらず、元データの請求書を確認することができるのはちょっとびっくりしました。

同じジョブカンシリーズ同士でのデータ連携にもかかわらず、「一旦csvファイルでエクスポートして、それをインポートする」という部分は今後改善していただきたいところです。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました