【自分でできる経理】売上の仕訳はどうすればいいの?

会計

簿記の資格がなくても仕訳はできます。会計ソフトも使えます。

ただし、簿記の仕組みは知っておいたほうが仕訳を理解しやすくなり、応用がききます。

簿記の知識がゼロの方向けに、売上の仕訳を簡単に解説してみます。

売上の仕訳はこれだけ

売上の仕訳は基本的な3つのパターンをおさえましょう。

売上がすぐ入金された場合

10万円を売上げ、すぐに預金に入金されました。

これを仕訳にすると、

預金 10万円 / 売上 10万円

預金が増えたので左に預金、売上が増えたので右に売上がきます。

売上がすぐに入金されない場合

10万円を売上げたが、入金が翌月になる場合

売掛金 10万円 / 売上 10万円

売掛金というのは、売上げのうち今後回収予定の代金という意味です。慣れない言葉だと思いますが、暗記してしまいましょう。いわゆる「掛け売り」というものです。

売掛金が増えたので左に売掛金、売上が増えたので右に売上がきます。

先月の売上げが入金された場合

先月の10万円の売上げが預金に入金された場合

預金 10万円 / 売掛金 10万円

預金が増えたので左に預金、逆に売掛金を回収した(減った)ので右に売掛金がきます。

これだけは丸暗記

売上の仕訳しか今後も使わないといった場合は、上の仕訳だけ覚えれば終わりですが、今後は売上以外の仕訳も理解して自分で経理できるようになるためには、なぜ売上が増えたら右にくるのか?なぜ預金が増えたら左にくるのか?といったことを理解しておいたほうがよいです。

そのためには、次の2つの図を丸暗記しましょう。

まずは、損益計算書というものでP/L(ぴーえる)とも言います。

その会社の儲け(利益)を計算するものです。1年毎に新しいものを作ります。

右の青色部分が収益、左の赤色部分が費用、左下の黄色部分が利益です。

利益は収益と費用の差額で、仕訳に使うことはありません。

次は、貸借対照表というものでB/S(びーえす)とも言います。

その会社の一時点の経営状態を表すものです。

預金がいくらあって、借金がいくらあって、これまでの利益の累積がいくらある、みたいなイメージです。

左の緑色部分が資産、右の水色部分が負債、右下のオレンジ色部分が純資産です。

負債と純資産の合計は資産と一致します。

売上=収益、預金と売掛金=資産

売上の仕訳と、さっきのB/S、P/Lに何の関係があるのか。

仕訳で使う、預金、売上といったいわゆる勘定科目といわれるものは、必ずB/S、P/Lのどれかに含まれます。

言い換えれば、仕訳で使う勘定科目は収益、費用、資産、負債、純資産の5つのどれかに必ず含まれています。

ただし、利益は差額概念なので勘定科目としては使いません。また、純資産も通常の仕訳で使うことはほとんどありませんので、普段使う勘定科目は収益、費用、資産、負債の4つのどれかに当てはまります。

ではさきほどの、預金、売上、売掛金はそれぞれ収益、費用、資産、負債のどれになるでしょうか。

預金=資産

売上=収益

売掛金=資産

です。

冒頭の仕訳をもう一度見てみます。

10万円を売上げ、すぐに預金に入金されました。

預金 10万円 / 売上 10万円

預金が左にあるのは、預金=資産が増えたからです。(B/Sをイメージしましょう)

売上が右にあるのは、売上=収益が増えたからです。(P/Lをイメージしましょう)

10万円を売上げたが、入金が翌月になる場合

売掛金 10万円 / 売上 10万円

売掛金が左にあるのは、売掛金=資産が増えたからです。(B/Sをイメージしましょう)

売上が右にあるのは、売上=収益が増えたからです。(P/Lをイメージしましょう)

先月の10万円の売上げが預金に入金された場合

預金 10万円 / 売掛金 10万円

預金が左にあるのは、預金=資産が増えたからです。(B/Sをイメージしましょう)

売掛金が右にあるのは、売掛金=資産が減ったからです。(B/Sをイメージしましょう)

資産が減る場合は、資産のある場所と逆側に勘定科目がきます。(資産は左なので減る場合は右)

B/SとP/Lの図をイメージできるようになったら、あとはその科目が収益、費用、資産、負債の4つのどれにあてはまるかがわかれば、自分で仕訳を作る(仕訳をきる、と言います。)ことができます。

タイトルとURLをコピーしました