MacからWindowsをリモート操作するときに気をつけたいこと

IT

今はMacBook Air M2の13インチを使っています。

ちなみにUSキーボードです。(使い勝手は悪そうでしたが、見た目で選びました)

人生初めてのMacです。

自分はモノに対してあまり執着はないのですが、このMacに限っては所有していて、使っていて非常に満足しています。

ただ、MacとWindowsを両方使っていて、キーボードの配列にまだ困惑することがあります。それは時間が経てば慣れると思っています。

しかし、MacからWindowsをリモート(Chromeリモートデスクトップ)で操作しているときは、さらにややこしいです。

自分がよく使うキーボードの操作について、備忘録という意味でも残しておきます。

これらは初期状態ですので、キーボードマッピングで変更可能です。

日本語と半角英数の切り替え

Windowsの場合は左上の「半角/全角」キーを押すことにより、日本語と半角英数の文字入力の切り替えができます。

しかし、Macにはそのキーがありません。

自分のMacでは左下の「fn(地球儀キー)」で切り替え可能です。(おそらく初期設定?)

リモート操作中に「fn(地球儀キー)」だけを押しても向こう側のWindowsでは何も起こりません。

MacでWindowsをリモート操作中に、日本語と半角英数を切り替えるには、Macの左上の「`」(または「〜」)を押します。数字の1の左です。

これで、入力切替が可能です。

MacからWindowsのdeleteキーを押す

Windowsには「BackSpace」と「Delete」の2種類の似たようなキーがあります。

Windowsの「BackSpace」は左の文字を消す。「Delete」は右の文字を消します。

またWindowsの「Delete」はファイルを削除するときにも使います。自分はよくこれを使います。

一方、Macには「delete」しかありません。(Macでは半角のd)

これはWindowsの「Delete」と異なり、左の文字を消します。(Windowsの「BackSpace」と同じです。)

なので、リモート操作中にMacで「delete」を押すとWindowsで「BackSpace」として認識されます。

では、MacでWindowsをリモート操作しているときにWindowsで「Delete」を押したいときはどうするのか。

答えは、「fn(地球儀キー)」+「delete」です。Macでこれを押すと、Windowsでは「Delete」として認識されます。

ちなみにこの操作は、リモート操作に関係なくMacだけでも機能します。(文字の右側を消せます。)

ウインドウの切り替え

Windowsでウインドウを切り替えるショートカットキーは「Alt」+「Tab」です。

これは自分の中では、一番使うショートカットキーです。いちいちマウスで切り替えることはほとんどしません。

一方Macでは、「⌘」+「tab」です。

Macでリモート操作中にウインドウを切り替える場合は、Macの「⌥」+「tab」を押せばOKです。

Macの「⌥」はWindowsでは「Alt」として認識されます。

タイトルとURLをコピーしました