【弥生会計オンライン】Misocaで請求書作成から会計ソフトへの仕訳反映までを解説

会計

クラウド会計ソフトの弥生会計オンラインは他のクラウドサービスと連携することが可能です。

請求書が作成できるクラウドサービスであるMisocaと弥生会計オンラインを連携させることにより、請求書作成と同時に弥生会計オンラインに売上のデータ(仕訳)を反映させることができます。

Misocaから弥生会計オンラインへ仕訳を連携させる方法を紹介します。

(インストール型の弥生会計とも連携することができます。)

請求書作成はMisocaを使用

Misocaはクラウドで請求書を作成できるサービスで、弥生会計とは関係ありませんでしたが、2016年に弥生㈱に買収されることになりました。

もともと弥生のサービスではなかったので、「弥生のクラウド請求」みたいな名称ではないのです。

Misocaは弥生会計オンラインとは別契約ですが、月10通までなら無料で使えます。

Misocaで作成した請求書の売上データを弥生会計に反映させるためには、事前にサービスの連携をする必要があります。

(弥生会計以外にも、freeeやマネーフォワードにも連携させることができますが、freeeやマネーフォワードにはそれぞれ請求書作成機能がついていますので、あえてMisocaを使う必要はないかと思います。)

弥生会計オンラインを起動させ、「スマート取引取込」をクリックします。

さらに左下の「サービスの連携」をクリックします。

連携済みのサービス一覧が表示されますので、「連携先を追加する」をクリックし、Misocaを選びましょう。(上の画面はMisocaと連携済みの状態です。)

次にMisoca側でも、連携の設定をします。

Misocaを起動させて、「設定」→「証憑管理・会計連携」と進みます。

弥生会計・申告ソフトの右側の「連携設定」をクリックします。

「請求済になると自動送信する」にチェックを入れ、自動送信する事業所データ名で「弥生会計オンライン」を選びます。

これで、請求書を作成して、

  • 郵送したとき
  • メール送信したとき
  • 共有リンクを発行したとき
  • 請求済みにしたとき(手動で)

に弥生会計オンラインに仕訳を連携させることができるようになります。

misocaで請求書を作成

Misocaで請求書を作成します。

「請求書」→「請求書を新しく作る」と進みます。

請求書に必要な項目を入力して保存したものがこちらです。

この画面の上の「発行」を押すと、

  • 郵送(1通160円(税抜))
  • メール送信
  • PDF保存
  • 印刷
  • 共有リンクの発行

ができます。

PDF保存と印刷以外を実行すると、ステータスが「未請求」から「請求済」に切り替わります。

すこしタイムラグがあるのですが、右上の弥生のところに「送信済」というマークがつきます。

これで、弥生会計オンライン側に売上の仕訳データを連携させることができました。

弥生会計オンラインで売上の仕訳を取込

弥生会計オンラインを起動させ、「スマート取引取込」を起動させます。

上のような画面に切り替わります。

左上の全選択のチェックボックスにチェックを入れ、その右の「選択された取引の操作を行う」をクリックし、「取引の登録を「する」に変更する」をクリックします。

一番右の取引の登録の列で、「する」が青くなっている(選択されている)ことを確認し、画面一番下の「表示されているすべての取引を確定する」をクリックします。

画面が「かんたん取引入力」に切り替わり、仕訳が会計に反映されていることが確認できます。

「スマート取引取込」で取引を登録しないと、会計に仕訳が反映されません。

「Misocaで請求書を請求済にする」→「弥生会計オンラインのスマート取引取込で取引を確定させる」→「弥生会計で仕訳が登録される」といった流れです。

Misocaと弥生会計オンラインの連携が必要、スマート取引取込で取引を確定させる、といった手間がありますが、Excelや他のソフトで請求書を作成し、それを見ながら弥生会計に仕訳を入力することに比べると便利ですので、ぜひ参考にしてみていただければと思います。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました