【マネーフォワード】請求書作成から会計ソフトへの仕訳反映までを解説

会計

先日は、ジョブカンを使って請求書作成から会計ソフトへ仕訳を反映させるところまでをさらっと解説しました。

【ジョブカン】請求書作成から会計ソフトへの仕訳反映までを解説

今回は、それのマネーフォワード版です。

「マネーフォワードクラウド」は会計以外のアプリも使える

マネーフォワードで請求書を作成するためには、「マネーフォワードクラウド請求書」を使います。

ジョブカンでは、会計と請求書は別プランでしたが、マネーフォワードは会計を使っていれば、請求書作成ソフトも使うことができます。

その他にも、下記のサービスが一つのパッケージになっており、従業員3人までのスモールビジネスプランだと、毎月3千円ほどで利用できます。

  • クラウド経費→経費精算。
  • クラウド債務支払→受領した請求書の自動保存など。申請・承認のワークフローの電子化。
  • クラウドBOX→電子帳簿保存法に対応した電子取引データ、スキャナ保存に対応。
  • クラウド契約→電子契約
  • クラウド勤怠→勤怠管理。
  • クラウド給与→勤怠管理と連携した給与計算。
  • クラウド年末調整→担当者も従業員もクラウド上で年末調整が完結。
  • クラウド社会保険→社会保険の手続が電子申請で可能。
  • クラウドマイナンバー→マイナンバーの管理。

「マネーフォワードクラウド請求書」で請求書を作成

請求書を作成していきます。

クラウド請求書の画面を開き、左の請求書のところの「+」を押します。

左側が入力画面、右側が確認画面になっています。

必要な項目を入力し、下の方にある保存(上の写真では表示されていないです。)をクリックします。

取引先や金額など最低限の項目を入力したものです。

この画面上で請求書を、

  • 郵送(別料金発生)
  • メール送信(請求書の共有リンクを送信)
  • PDFにしてダウンロード
  • プリンターで印刷

することができます。

例えば、PDFにしてダウンロードすると、請求書のステータスが「下書き」から「DL済み」に変更され、会計にこの請求書の売上の仕訳が連動します。

「マネーフォワードクラウド会計」で仕訳を登録

クラウド会計の画面を開きます。

先程、クラウド請求書から連動させた仕訳を会計に反映させます。

「自動で仕訳」→「請求書から入力」をクリックします。

請求書の売上データが仕訳として表示されています。

この状態は、まだ「仕訳候補」なので、右の「登録」をクリックして仕訳を登録すると、試算表に数字が反映されます。

さすがクラウドだけあって自動で連携してくれるのは便利です。

ではまた。

タイトルとURLをコピーしました