税理士がそこまでしてMacを使う理由3つ

IT

税理士の仕事をする上で欠かせないのが、会計ソフトと税務ソフト。会計ソフトはクラウドのものが普及してきましたので、パソコンのOSを問わず使えますが、税務ソフトは今でもWindowsでしか使えません。なので、税理士はMacを使わない、使えないというのがほとんどです。

ですが自分は以前からMac(iPhoneは以前から使っていました。)に興味があったので、1ヶ月ほど前からMacを使い始め、今はMacで仕事をしています。

機種はMacBook Air M2 13インチ スターライト メモリ16GBです。

もちろん、税務ソフトはWindowsでしか使えないので、Windowsを使わざるを得ないのですが、Windowsを使うときは、別のWindowsのパソコンにリモートで繋いで使っています。実質はMacとWindowsを両方使っています。

Mac使ってまだ1ヶ月で、Windowsとの違いにまだ完全に対応できていない部分もありますが、Macを使う理由を3つ上げていきます。

トラックパッド(Windowsのタッチパッド)が最高

今のところ、これが一番の理由です。

Windowsではマウスを使わず、タッチパッドを使っていました。このタッチパッドはパソコンによって広さ、反応が様々です。あまりにも使いにくく、マウスを使ったほうがいいものもあります。

Macのトラックパッドは、これまで使ってきたタッチパッドのそれとは正直別物です。WindowsのLaptop4はMacに近いものはありますが、やはりMacのほうが上です。

何がそこまで違うのか説明するのが難しいのですが、一言で表現すると「ぬるぬる動く」。この表現が正しいかどうかわかりませんが、「ぬるぬる」なんです。「かくかく」していないというか。パソコンで一番使う部分なので、ここの操作性は最重要項目です。

さらに、広い。某メーカーのタッチパッドはおまけ程度の広さしかないものもありますが、Macのタッチパッドは広い。かといって、間違って親指の付け根あたりがあたっても反応しないのです。最高です。

ちなみに速さはMAXにしています。最初は目で追うのも大変ですが、すぐ慣れます。

アップデートの頻度が少ない

アップデートの頻度がWindowsのときに比べて圧倒的に少ないです。

Macが少ないのか、Windowsが多いのか。

Windowsでも、使わないときに時間設定してアップデート→再起動すればいいのですが、それでも面倒です。

デザインがシンプル

毎日使うものなので、デザインは重要です。

ましてや仕事で使うとなると、ごちゃごちゃしたものだと気が散りますし。

Windowsのパソコンには手を置くところにシールがもれなく貼っていますが、あれはほんま論外です。

絶対に剥がしていましたね。

Macにはそんなシールが貼っていることもなく(自分でキャラクターとかのシール貼る人もいますが。)、側面の端子も充電ポート、USB 4(USB Type-C)が2つとイヤホンジャックのみです。

(イヤホンジャックも不要かなと思います。)

Windowsには当然のようにあるディスプレイの下のロゴがないのもgoodです。

(MacBook Air M2はロゴがないですが、機種によりあったりなかったりのようです。)

まとめ

Macを使い始めて1ヶ月程度ですが、Macを使う理由を3つだけ書いてみました。

Windowsも使っていてWindowsのほうがいい面もありますので、絶対的にMacのほうがいい!というつもりはありませんが、ただ、使っていて気持ちいいのはMacですね。このあたりは好みの問題もあると思いますが。ではまた。

タイトルとURLをコピーしました